萩屋そば本店 静岡市葵区 あっさりつゆと個性あるもっちもち蕎麦

萩屋そば本店 静岡市葵区 あっさりつゆと個性あるもっちもち蕎麦

行ってきました!

静岡市葵区の萩屋そば本店に言ってきました!場所は駿府公園の北側。浅間神社からも近い場所です。近くに静岡おでんのおおやきいももありますね。そば屋のラーメンが好きということで、ネットでいろいろ調べてみるとこちらのお店もラーメンを出しているということで、これは早速いかねばということでいってきました。

場所は駿府公園の北門からまっすぐ進む道、いわゆる城北通りにあります。小さな駐車場があり、公式には5台分ということですが、みた感じですと3台分ぐらいですかね?結構混雑する通りなので駐車するのには苦労するかもしれません。

 

こんなお店です!

中に入ると、なかなか年季の入ってる感じのお店です。テーブルなどは汚れていませんが、設備はそうとう古くなっている感じですね。調味料入れなんかも口のところが汚れたりしていますし、棚やテーブルの真ん中のあたりは物置のようになっていたり、ほこりがかぶっていたり。まあ、古くからの個人店ですので、こんなものでしょう。

お店の真ん中にはアイランド状になっている大きなテーブルがあって、カウンターのようになっています。そこに8人ぐらいは座れる感じでしょうか?

カウンターと別に小上がりがあり、4名席が二つ、6名席が二つです。大人数でも対応可能なようです。

いただきました!

というわけで、さっそくラーメンを頼もうと思ってメニューを広げたら残念なことが。

右上がラーメンのあった欄なのですが、残念ながら塗りつぶされていました。ラーメンやめちゃったのですね。確かにラーメンは、そばとは別の作り方をしなければならないので、かなり面倒な存在です。まったく別に用意する必要があるので、ラーメンを一ついれるだけで手間は2倍。それでいてあまり出ないということであれば、ラーメン廃止は経営上あたりまえです。

というわけで、残念ながらラーメンはありませんでした。定食の欄の下から二番目はラーメン定食でしたがそれもなくなっています。あたりまえですが。

というわけで、仕方がないのでたぬきそば大盛りを注文しました。注文してからかなり時間がかかりました。ひょっとしたら夏だから温かいのは出ないと思っていてつゆが温まっていなかったかもしれません。だから普段の味と違う可能性もありそうです。

まずつゆを飲みます。だしの風味が感じられ、塩味薄めのあっさりつゆです。静岡だと濃い口醤油で真っ黒なつゆが多いと思うのですが、ここのつゆはどちらかというと透明やあっさりつゆという感じですね。真っ黒なのに慣れているので正直ちょっと物足りなさも。

麺を食べます。横幅が広い麺なのが特徴ですね。これも静岡では珍しい感じです。田舎蕎麦のように太くはありませんが、幅広いです。食感はもっちもちの感じで、歯ごたえを感じます。温かいそばでこれですから、たぶん冷たいそばだともっともっちもっちになっていると思われます。一瞬、乾麺なの?と思いましたが、メニューに二八と書いてあるので、しっかり製麺した生めんなのでしょうね。

特徴のある麺で、あっさり系のそばを食べたい人にはお勧めです。ただし、大盛りにしてもやや少なめでしたのでコスパは悪いかもしれません。たぬきそば大盛りで800円ですから、比較にはならないですがゆで太郎だとかけそば大盛りが420円ですからね。

システム:席で注文。退店時に会計。
駐車場:★★★☆☆
お店の広さ:★★★☆☆
食べた料理:たぬきそば 大盛り 800円
味:★★★☆☆
オリジナリティ:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★★☆☆

営業時間:10:30〜15:00 17:00〜19:00
定休日:木曜日
住所:〒420-0865 静岡県静岡市葵区東草深町6−17

そば/うどんカテゴリの最新記事