ゆで太郎 静岡丸子店(3回目) クーポンがあるとコスパは最高

ゆで太郎 静岡丸子店(3回目) クーポンがあるとコスパは最高

行ってきました!

どんなお店なのか、場所はどういうところかについては、こちらの前回の記事をご覧ください。

ゆで太郎 静岡丸子店

こんなお店です!

今回はクーポン目当てで行ってきました。ゆで太郎は1月、4月、7月、10月という四半期の初めから2週間ほど、トッピングや天ぷらなどのクーポンを無料配布してくれるのです。

クーポンはエビ天、かき揚げ、コロッケ、カレールー、大根おろし、生卵、大盛り無料の綴りなっていて、金額にすると約700円相当のクーポンなのです。有効期間は3ヶ月で7月配布のクーポンなら9月末まで使えるので、次のクーポン配布期間まで使えるという太っ腹ぶり。このクーポンがあるから、ついついゆで太郎に通ってしまうことになるわけですね。

さらに驚くのはクーポンを使用して注文しても、またクーポンをくれるのです。ネットではクーポンの無間地獄と言われています。そのため、3ヶ月間分のクーポンを確保しようと、この時期はゆで太郎に通いまくることになります。

ところが、本来であれば7月配布のクーポンは7月1日~15日だけの配布のはずなのですが、わりと毎月の最初の1週間に再配布していることが多いんですよね。だから、無理に7月初めにたくさんクーポンを集めようとしなくても、毎月の初めにゆで太郎にいくとクーポンをもらえることが多いです。クーポンを配布しているときには、クーポン配布中というノボリがでているので、そのノボリをみたらゆで太郎に入るようにすれば間違いありません。

いただきました!

今回はかけそばとクーポンのかき揚げです。こちらのかき揚げは、人によってかなり出来上がりやサイズが異なるのですが、今回はめちゃくちゃ大きなかき揚げが出てきました。アタリの日ですね。

かつては揚げ玉が無料だったのですが、今は有料で30円になっています。たった30円なのですが、それだけでずいぶんコスパが悪くなった印象ですね。非常に残念です。

ゆで太郎はつゆが薄味なので、薬味置き場にある醤油を軽くいれます。これでちょうどよくなります。天ぷらはつゆがしみしみしているほうが好きなので、よく浸して柔らかくして食べます。やっぱりかけそばは天ぷらの脂分が入ってないと美味しくないのですよね。

ここで気になるのは丸亀製麺とゆで太郎のどっちがコスパがいいか問題です。たぬきうどん/たぬきそばの大盛りを購入したときにコスパがいいのはどちらでしょうか?シミュレーションしてみます。

丸亀製麺のたぬきうどんは、かけうどん大390円+天かす入れ放題(無料)で390円ですが、クーポン(アプリクーポンなので常に手に入る)で50円引きなので340円です。うん十分安いですね。

ゆで太郎のたぬきそばは、かけそば320円+大盛り(無料クーポン)+天かす30円で350円です。こちらも十分に安いです。

でも、ネギ入れ放題、天かす入れ放題の丸亀製麺に対し、クーポンを計画的に入手しておかなければならないゆで太郎のほうが、ちょっとコスパが悪いのかなあという印象です。

まあ、400円以下で昼食をまかなえちゃうんですから、どっちもコスパは高すぎですね。しかしネットではゆで太郎の揚げ玉が有料になったとガッカリしている人が多いようで、それだけ衝撃的だったようです。ゆで太郎は昼間が混雑しているので、混雑分散と、閑散期をカバーするためにも昼食時だけ有料にして、昼のピークが終わったら、またサービスを開始するようにしたらどうですかね?

システム:券売機。店員さんに渡す。半券にある番号を呼ばれたら取りに行く。
駐車場:★★★★☆
お店の広さ:★★★★☆
食べた料理:かけそば、かき揚げトッピング
味:★★☆☆☆
オリジナリティ:★☆☆☆☆
コストパフォーマンス:★★★★☆(揚げ玉有料で☆-1)

営業時間:6:00~23:00
定休日:年中無休
住所:〒421-0106 静岡県静岡市駿河区北丸子1丁目31−23

そば/うどんカテゴリの最新記事