スマル亭弥生町店 静岡市駿河区 静岡の伝統ある立ち食いそば

スマル亭弥生町店 静岡市駿河区 静岡の伝統ある立ち食いそば

行ってきました!

懐かしくなったので食べに行ってきました。昔はあちこちにスマル亭がありましたしテレビで宣伝しているぐらいだったのに、ここ最近は1年に数店ずつ閉店している感じです。さらに追い打ちをかけるように先日の豪雨被害で由比の店舗が波にのまれて大破し、営業中止になってしまっています。復旧もままなりません。たぶん経済的にかなり厳しいのでしょうね。

店舗は少し奥まったところにありますが、大きな看板がでているのですぐにわかると思います。国道沿いですが、交差点の角にあるので反対車線からは右折レーンで右折してくれば簡単に入ることができると思います。

こんなお店です!

お店に入ると元気な挨拶が。おばちゃんのワンオペですが、これが普通ですね。このお店は食券制で、券売機で食券を購入して店員に渡すシステムです。半券などはなく、注文した商品名を言われるので、そしたら取りに行きます。先客が同じ商品を頼んでいる可能性があるわけで、当然バッティングしてしまうこともあるので、様子を見計らって取りに行きます。ちょっとドキドキします。

今回はたぬきそばをお願いしました。券売機の買い方が特殊で、まずはそば並盛り、そば大盛り、うどん並盛り、うどん大盛りのボタンを選択してから、料理を選択します。たぬきそばの並盛りなら並盛りそばを押して、たぬきを押します。テーブルはキレイで、設備もくたびれていますが汚れておらず清潔でした。

価格ですが、桜エビの価格高騰も重なり、かなり値上げされてしまいました。桜エビの天ぷらが700円だそうです。ちょっと前までは520円ぐらいだった記憶が。たぶん、この値段だと、昔を知っている人のほとんどの人は購入しないと思います。昔は桜エビの天ぷらを2枚のせても600円以内に収まっていたと記憶しています。県内には別のチェーンそば屋で鐘庵というお店がありますが、そちらの桜エビのかき揚げそばを食べたほうがぜんぜん美味しいと思います。

いただきました!

食券を渡して1分で、すぐにできあがりです。注文した品を呼ばれるので取りに行きます。麺はたぶん冷凍ゆで麺か、ゆで麺でお湯にくぐらせるだけだと思います。なのでできるのがめちゃくちゃ早いです。天ぷらも揚げてあるものが出てくるので、できたてが出てくるわけではありません。味は醤油が強く関東のかけつゆという感じですね。美味しいか美味しくないかでいえば、正直いってそばもゆで麺だし、つゆもさほど美味しくありません。ですが、昔から食べていた味なのでたまに食べたくなるのですよね。といっても昔と比較して味も落ちているという人も多いです。たまに食べたくなり、食べて、うんうん、こんな味だったね、そんなに美味しくないよねということの繰り返しです。

むかし、静岡の街中では深夜まで食事を出しているお店が少なく、コンビニも今のようにお弁当などが充実していなかったので、街中のスマル亭は飲食業の人や、深夜まで飲んでいた人の胃袋を満たしていました。ですが、今では深夜までやるラーメン屋、牛丼屋なども増え選択肢が多くなり、街中のスマル亭もついに閉店してしまいました。もうこの流れは止められそうにありませんね。

いまはランチに関しても静岡市内にはゆで太郎がたくさんあるので、そちらにお店にお客が奪われているのは確実です。ゆで太郎は100円相当のクーポン券の配布があり、さらに天かすが取り放題です。すると320円のかけそばが無料でたぬきそばになり、クーポンで生卵を無料で入れることができます。スマル亭で食べると430円になるので100円以上、ゆで太郎のほうがお得になる計算です。これならゆで太郎にお客さんを奪われるのも理解できるというものです。

ぜひお店を続けてもらいたいと思いますが、このままだとかなり厳しい感じがしますね。これも時代なのでしょうか少し寂しいです。食器を返却口に返すと、おばちゃんの元気のいい挨拶が。接客は素晴らしかったですが、誰もいない店内に響いてちょっと寂しく感じました。

システム:券売機。カウンターで渡す。
駐車場:★★★★☆
お店の広さ:★★★☆☆
食べた料理:たぬきそば
味:★★☆☆☆
オリジナリティ:★★☆☆☆
コストパフォーマンス:★★★☆☆

営業時間:24時間
定休日:年中無休
住所:〒422-8009 静岡県静岡市駿河区弥生町4−39

そば/うどんカテゴリの最新記事