ラーメンABE’s 静岡市葵区 評価の難しいあっさり醤油

ラーメンABE’s 静岡市葵区 評価の難しいあっさり醤油

行ってきました!

人気のラーメン店ABE’sに行ってきました!場所は唐瀬街道の市立高校から北西に少し行ったところです。今も週末には人が並んでいるほど有名なお店になっていますね。平日は遅くいけば、それなりにすぐに食べることができるようです。

駐車場はお店の前とは別の少し離れたところに7台の駐車場があるそうです。お店の横を北へ向かって進むと、すぐ右側に小さな看板がはり、舗装されていない原っぱのようなところがありますが、そこが駐車場です。このあたりは右折レーンがないので結構渋滞しているような場所で、もたもた駐車しているとちょっと他の運転手をイライラさせてしまわないかと心配になります。

こんなお店です!

お店に入るとすぐに券売機があります。券を購入すると人が多いときは席に案内されて、そのときに食券を渡します。人が少ないときは食券を渡して好きなところに座ることができます。店内は喫茶店のような感じでおしゃれな感じですね。

お店は小さくて、カウンターが6人ぐらい、2人用のテーブルが二つだけです。なので、そりゃ人が集まれば混雑しますねって感じです。

店内はキレイでしっかり清掃もしてあるようでした。コップがテーブルに積まれているので自由にとってお水を注ぐことができます。

いただきました!

今回は丸鶏ラーメンの大盛りをいただきました。みた感じは普通のラーメンという感じですが、味はどんなものでしょうか?

まずスープをいただきます。丸鶏ということなので鶏油のものを最初に感じるかと思ったのですが、最初に感じたのは少し尖ったような醤油の味でした。あれちょっと醤油が強くてコクがないスープなのかな?という印象でした。ですが、スープを飲み続けると味が変化していきます。醤油の風味に慣れて、さらにスープのコクを強く感じるようになります。ああ、これこれこの味だなすっきりした鶏ガラの醤油ラーメンという感じ。不思議ですね。なぜこう変わるのでしょうか?その後は醤油の強さはまったく感じなくなります。

食べ進めるごとに少し温度が下がってアツアツでなくなるのと麺がスープを吸うようになるからでしょうか?よりコクのあるスープで美味しくなる印象です。町中華より町中華しているラーメンという印象を持ちました。特別なラーメンではないが質実剛健のしっかりしたラーメンという感じです。

麺はやや太めのストレート。加水率はたぶん普通かやや低めかなという感じがします。あと小麦の風味が感じられ、麺がかなり長いですね。最後まですすりきれません。食べていくとスープが麺に良く馴染むようになり、とっても美味しく食べられます。メンマもほどよい堅さでスープと違和感なく食べられます。少し柔らかいタイプだと思います。

チャーシューはとろっとろで最高に美味しかったです。まったくパサパサすることなく本当に美味しかったです。

麺は大盛りですが、思ったより麺が多いなという感じでした。最後まで食べきれるか心配でしたが、なんとか食べきることができました。

スープについてですが、魚介系のだしも入っていると思うのですが、馴染んでいて存在はわかりませんでした。魚介が入っているとしたら魚介系はあまり主張しないタイプだと思います。あとたぶん鶏ガラだけで豚骨も入っていないのかな?と思いました。が、もちろん自信はありません。非常にすっきりしているのですがコクもあって、それで写真を見てもらえばわかるのですが、それなりに油もたくさん入っているのにあっさりしているという不思議なラーメンです。

個人的にこちらのラーメンの評価はすごい難しいなと思いました。というのも、町中華のようなあっさり系醤油ラーメンの中では確かにトップレベルに美味しいです。でも、そのあっさり中華にそんなに高得点を付けることができるのかな?とも思いました。

ただ一つ思うのは、昔に食べに行って美味しいなと思った町中華のあっさりラーメンを食べても、なぜか満足できなくなっている自分がいます。それらのお店の味が落ちたのか、自分の好みの味が変化したのかは正直言ってわかりません。なので仮に後者が原因だとすると、ABE’sのラーメンは町中華をしっかり進化させて本当に美味しい昔ながらのあっさりラーメンを今風に進化させているとも考えることができます。だから、舌が肥えたけど昔ながらのラーメンを求めている人にマッチして静岡ランキングトップレベルのお店になったとも言えるのかもしれません。

そして、このお店は無化調ということで、もう化学調味料に慣れてしまった自分には、こういうラーメンでは物足りなくなってしまっているのかもしれません。それでも、最近食べたあっさり醤油ラーメンの中でトップクラスなのは間違いないです。

なので評価は結構難しいです。様々なラーメンを食べて舌が肥えて、昔ながらの町中華レベルでは満足できない人々にマッチする昔ながらのあっさりラーメンと考えればオリジナリティもあり独創性もあるということになりますが、ただのあっさりラーメンと捉えれば普通のラーメンじゃないかということにもなります。このあたり非常に難しいなと思いました。

個人的にも今までの町中華の醤油ラーメンでは満足できなくなっているのを感じています。町中華が既存の作り方を続けていて、味覚が変化した人々にあわせて正統進化させていないのなら、多くの人が昔から食べていた既存のあっさりラーメンには満足できなくなっているでしょうから、正統進化させたABE’sのラーメンが人気になるのもわかるというものです。

この判断はもうちょっとABE’sのラーメンを食べてみないと判断がつきそうもありません。次は普通のラーメンか煮干しラーメンを試してみたいですね。いずれにせよお店のリピートは決定です。

システム:券売機で席で渡す
駐車場:★★★★☆(お店の広さと比較して)
お店の広さ:★☆☆☆☆(かなり狭い)
食べた料理:丸鶏ラーメン 大盛り 900円
味:★★★★☆(★5と迷って★4)
オリジナリティ:★★★☆☆(普通のラーメンと考えたら)
コストパフォーマンス:★★★★☆(やや高いが丸鶏とすればコスパは悪くないか)

営業時間:11:00~14:30 17:30~21:00
定休日:月曜日 火曜日
住所: 静岡県静岡市葵区千代田4-2-1

ラーメンカテゴリの最新記事