第二美濃屋 静岡市葵区 すっきりした醤油ラーメン

第二美濃屋 静岡市葵区 すっきりした醤油ラーメン

行ってきました!

浅間通りの、もう中町交差点に近いところにあるお店です。昔からあることは知っていたのですが、おじゃましたことはなく、今回はじめてです。すぐ近くに豚SOBA 一番星があったりします。

地元の人は、このお店の2階で宴会なんかもやってるみたいですね。きっと中華料理がいろいろでてくるのでしょうね。美濃屋って昔はあちこちにあった記憶があるのですが、いまはどのぐらいお店が残っているんでしょうね?

 駐車場の有無は不明です。ですが、路上のパーキングがあるので、そこに停めればいいですし、近くにコインパーキングもあるので利用できそうです。

みた感じはもう本当に昔からの町中華のお店っていう感じです。のれんも年季が入っていますね。

こんなお店です!

お店はお二人で切り盛りされているようです。4人席が4つ、カウンターで8席ぐらいで25名ぐらいのお客さんがあるんじゃないかと思います。見た目はまさに昔ながらの町中華のお店という感じ。雑然としていますが、その雰囲気がいいのです。

店に入ると炊いているスープの臭いがします。町中華の臭いって感じでいいですね。

 

テーブルとかはキレイだったのですが、メニューとかカウンターと厨房の仕切りの部分とかは油でベトベトでした。町中華のあるあるですね。

価格はラーメンが600円。価格的には普通ですね。メニューにはありませんが、大盛りは100円でした。ランチのセットメニューはその日によって変わるようで、店頭に表示されています。例えば、チャーハンとラーメンという感じで、セットは800円のようですね。ちょっとお高め?

いただきました!

さて、今回注文したのはラーメン大盛りです。7分ぐらいで到着です。

うん、普通のラーメンって感じですね。いい感じです。珍しいのが、青ネギと白ネギの両方が乗っているところ。東京の人が静岡でラーメンやそばを食べると、青ネギが入っていることに驚くそうです。そしてやっぱり白ネギだよねって言う人が多いですね。ちょうど静岡あたりが境界線らしいですよ?

さてスープを飲みます。非常にすっきりしていて、うん昔ながらの中華そばって感じです。味はしっかりしてます。醤油っぽさは感じません。最初は動物系のスープって感じで魚介系は感じませんでした。ただ、もうちょっとコクが欲しいなあという感じ。

麺をすすります。縮れ麺です。麺はいかにも普通のラーメンの麺という感じ。太さもよくある中華料理屋さんの太さです。ですが麺をすするとスープの印象がかわります。魚介系の風味をせ結構感じるんですよね。煮干しか鰹節かさば節かわからないけど、魚介の風味を感じます。結構好みのラーメンのタイプに近いです。

チャーシューは非常にがっしりしたタイプ。かみ応え抜群です。こういうチャーシューも捨てがたいですね。昔ながらのラーメンのチャーシューです。

メンマは食べたら酸っぱかったです。こういう味付けなのか?それとも夏だからあんまりラーメンが出なくて傷んでいるのか?2本食べましたが、とっても酸っぱいので怖くて全部食べられませんでした。傷んでいたら残念ですし、これが本来の味だとしてもちょっと残念だなあという印象。

昔ながらのあっさり醤油ラーメンということで美味しかったけど、もうちょっとコクのあるスープだとよかったのになあと思いました。

システム:席について注文して退店時にお会計
駐車場:不明
お店の広さ:★★★☆☆
食べた料理:ラーメン大盛り
味:★★★☆☆
オリジナリティ:★☆☆☆☆(昔ながらの味なので)
コストパフォーマンス:★★★☆☆☆

営業時間:11:00~14:30 17:00~23:00
定休日:月曜
住所:〒420-0867 静岡県静岡市葵区馬場町92−7

ラーメンカテゴリの最新記事