鶏白専湯門店 五星村 あっさりすぎる辛いラーメン

鶏白専湯門店 五星村 あっさりすぎる辛いラーメン

行ってきました!

辛いラーメンが好きなので目当てで五星村へ行ってきました。ここは、むかし紺のれんというお店だったところです。同系列のラーメンランドというお店をやっていた人が、同じ系列の紺のれんというお店で新しくだしていたお店と思います。従業員がほとんど同じ人でした。そのお店も最近閉店して、そのあと、恐らく居抜きで入ったのがこのお店だと思われます。

駐車場はお店の大きさからすると少し少ない感じですね。8台分ぐらいです。また南幹線沿いなので反対車線から入ることはたぶん不可能です。

近くにパチンコ屋があるので、たぶんパチンコをしている人が近くで食事をする需要はあるのかな?という立地ですね。

こんなお店です!

平日の13時過ぎにお伺いしましたが、お客さんはほとんどいませんでした。店員さんは、恐らく中国系のかたと思われるホール担当の人と調理担当の人の二人です。接客はハキハキしていますし、テーブルが汚れていることもなく、普通のラーメン屋さんという印象でした。

昔、紺のれんだった頃も中国系のかたと思われる人がいましたが、その方がお店を継いだのでしょうか?ちょっと気になります。

店内はかなり広くて、たぶん40人ぐらいは入れるぐらいの席数です。家族連れでも安心していけるような感じですね。カウンターも広いので一人で行く人も安心だと思います。

いただきました!

今回注文したのは最初の目的の通り、赤鶏白湯という辛いラーメンです。辛さを調整できるのですが、4辛以上は+100円ということで2辛を選びました。料理を注文すると、ライスは無料であちらにあるのでご自由におとりくださいというような説明があります。ライス無料なのはうれしいですね。

さて、スープを飲みます。味は非常にあっさりした辛いスープという感じです。辛いのは好きなので2辛では全然普通の感じですね。もっと辛いのも大丈夫な感じです。すっきりしているといえばすっきりしていますし、コクがないといえばコクがない感じ。正直、すこし物足りなさを感じました。たぶんすごくあっさりしているとおもわれるので、辛いラーメンではなく通常のラーメンを注文したほうがよかったのかもしれません。

鶏白湯というと、たぶん鶏ガラの風味やコクがあるスープを印象して、麺は細めを想像すると思いますが、こちらの麺は太めのぷりぷりした多加水麺のようです。ここに違和感を感じる人は多いかもしれません。

次は純粋な鶏白湯を試してみたいと思いますが、他にも試したいお店はいくつかあるので優先順位は低くなるかもしれません。あとパチンコ屋さんも近くになるのにお昼過ぎとはいえ、客数が少ないのも気になるところです。長続きするといいなと思いました。

あと、ごめんなさい。投稿した写真はいちど箸で麺をすくったものなので、提供されたときの盛り付けとは異なります。

システム:テーブルで店員さんにオーダーして帰りに会計
駐車場:★★★☆☆
お店の広さ:★★★★☆
食べた料理:赤鶏白湯 大盛
味:★★☆☆☆
オリジナリティ:★★★☆☆
コストパフォーマンス:★★☆☆☆

営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00(月11:00~15:00、土日祝11:00~23:00)
定休日:月曜夜(月曜祝日の場合は火曜夜)
住所:〒422-8006 静岡県静岡市駿河区曲金7丁目8−13

ラーメンカテゴリの最新記事